「HeSoDiM-AIアプリ普及のための勉強会」の開催

農林水産省委託プロジェクト「AIを活用した土壌病害診断技術の開発」(2017~2021)では、健康診断の発想に基づく土壌病害管理法であるヘソディム(HeSoDiM)を広域な圃場で実践できるよう支援するAIアプリ(HeSoDiM-AIアプリ)の開発を、全国の関係者からの意見や要望を踏まえながら進めています。その過程で、HeSoDiM-AIアプリをうまく使いこなして土壌病害の予防的管理の推進を図るためには、ヘソディムのねらいや内容とともに、AIの長所と短所をしっかり理解した人材(指導者)の育成が必要不可欠であることがわかってきました。

そこで、本事業では、HeSoDiM-AIアプリをうまく使いこなせる指導者を育成することを目的に、多くの関係者を対象に「へソディム」および「AI」の理解増進を通じて、効率的なHeSoDiM-AIアプリ活用法を習得する勉強会が開催されます。

なお、勉強会は全15回が予定されており、第1回勉強会は4月23日(金)に開催されます。


 

HeSoDiM-AIアプリ普及のための勉強会(指導者向け)

令和3年4月~12月の間に大学の講義方式で月1~2回程度、計15回の講義を行う。

開催方法:zoomによる開催 (参加希望者に、後ほどURLをお知らせいたします)

主催:(国)農研機構 吉田重信(農林水産省委託プロジェクト「AIを活用した土壌病害診断技術の開発」研究代表者)

プログラム:毎回一人の講師による講義90分(講義60分、意見交換30分)

参加資格:「へソディム」、「AI」および「HeSoDiM-AIアプリ」活用に関心のある方 ※参加費無料

本勉強会に参加された方の中で、以下の条件を満たした方には、「AIを活用した土壌病害診断技術の開発」研究プロジェクトより発行される≪HeSoDiM-AIアプリマイスター≫認定証をお渡しします。
1)3分の2以上の講義を受講
2)最終回の講義終了後にレポートを提出



第1回勉強会:
日時:2021年4月23日(金)13:30-15:00
申込締切 4月21日(水)17:00

参加をご希望される方は、農研機構 吉田重信(yoshige@affrc.go.jp)にメールにてお申込みください。
追って講習会URLをご案内させていただきます。
※お申し込みの体裁は問いませんが、お名前・所属をメール本文中に記載してください。

【問い合わせ先】
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
植物防疫研究部門 作物病害虫防除研究領域 病害虫防除支援技術グループ グループ長
吉田重信(yoshige@affrc.go.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL